『マンチェスター・バイ・ザ・シー』――海が見つめる

仕事で疲れたときに、不思議と海を眺めたくなる瞬間がある。
狭い世界での暮らしに息が詰まりそうになっているからかもしれない。
 
海ははるかに開かれていて、その先の見知らぬ世界のことを想像させてくれる。
世界は広く、そこには様々な可能性があるということを、端的に再確認させてくれる場所が海なのだと思う。
 
ではもしも、そんな海が陸に住まう我々を眺めていたとしたら。
閉ざされた世界で窒息する人々は、さぞ哀れに映っているのかもしれない。
 
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は、そんな錯覚を誘う。海が、見つめている。
 

 
(さらに…)

続きを読む