『ブリグズビー・ベア』とinvisibleな共同体

『ブリグズビー・ベア』(2018)
監督:デイブ・マッカリー


 
幼いころに誘拐され、25歳になるまで地下の家で育ったジェームズは、実の家族の元に戻ってから、唯一楽しみにしていた「ブリグズビー・ベア」という番組の続編を制作することを思いつく。
しかし、「ブリグズビー・ベア」は彼の育ての父親、すなわち世間一般でいうところの誘拐犯・テッドが作った番組だったため、周囲はその活動に否定的だった。
だが、彼のひたむきな「ブリグズビー・ベア」への情熱に揺さぶられ、次第に態度が変わってくるーーあらすじはそんなところである。
 

 
続きを読む